シャツOP改良版

パターン制作日記

おはようございます

なんだかすごく久しぶりの更新のような感じがします^^;

音信不通の間、ひたすら地味に地味に申告準備をしてました

なんとか私の確定申告は済ませたので、ストレス解消の為に気合を入れてOP制作しました^^

(本当は自宅の住宅ローン減税の手続きと不動産取得税の手続きが残っているが、そんなこたぁ気にしない)

以前の記事にも書いたのですが、現在制作中のワンピースのパターンを新たに作り直しました

セットインスリーブのバージョンとシャツスリーブのバージョンの2型。

ここしばらく、ずーーーーっと同じワンピースばっかりで恐縮なのですが。。。^^;

昨日とりあえずシャツスリーブの方を制作してみました

DSC_0700

 

9号ボディに大きいサイズを着せているので襟元がゆるゆるですが^^;

サイズ、シルエット、ディティールともに以前にUPしたものからほとんど変えていませんが

シャツスリーブの方は若干、袖ぐりがゆったりめに仕上がっています

 

さて、なぜほぼ同じシルエットで2型のパターンを制作したかというと。

今回制作したデザインだと、背肩幅がほぼ原型通りで身幅もそれほど大きくないので

本来ならば袖はセットインスリーブの方がしっくりおさまる感じです

ただ、セットインスリーブは袖山に「いせ分」が入ります

いせ分は人体の腕が収まるための「丸み」を作り出すためのものなので

袖ぐりがあまり大きくないセットインスリーブには欠かせません

綺麗にいせが入った洋服は着た時のシルエットも綺麗です。

 

が、いせが入ると、縫製は若干難易度が上がるのが難点(-“-)

シャツスリーブはおもに身幅も袖ぐりもゆったりとしたデザインのものに向いています

ゆとりが多く入るデザインの洋服は人体の丸みを作ってやる必要がないので、いせがいりません

そうなると、袖付けが格段に縫いやすくなります。

 

そこで、セットインスリーブのパターンとは別にシャツスリーブのパターンも制作しました^^

身頃の袖ぐりをセットインスリーブと同じにすると少々カーブがきつすぎるので

袖ぐりを少し大きくして緩やかなカーブにしてあります

それに伴って袖幅も若干広くなっています

袖の形状が違うだけで、縫製手順も変わってきます

 

それ以外にも、セットインスリーブは身頃にダーツが入っていますが

シャツスリーブの方ではパターン操作してダーツを入れていません

ひとつでもダーツがなくなれば、ちょっと手間が減りますね^^

ただ、バストの大きな方はダーツがあったほうが着たときにシルエットが綺麗だと思いますよ♪

 

これからセットインスリーブのバージョンも製作してみるので

出来上がったら比較画像UPします^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました