絵型を作成中

パターン制作日記

今日も穏やかな日ですね^^

navyのアトリエは窓が小さくて太陽光があまり入らないのですが

それでも今日は暖かい光が入ってきます♪

 

さて、本日は先週あたりから作成していたトワル数点の絵型を描いています

ハンドメイド 洋服 絵型

 

ハンドメイド 洋服 絵型

ハンドメイド 洋服 絵型

この絵型は縮小コピーしてパターンを保管しているファイルに張り付けたり

スキャンして縫製手順書に差し込んだりするのに使用します

ポケットの仕様やステッチなどを出来るだけ正確に描くので結構神経を使うのですが、

navyはこの絵型を描いている時間が一番好きだったりします(笑)

この絵型もなかなか奥が深くて、極端な話、縫製に慣れている方だったら

手順書や仕様書が無くても絵型を見ただけで縫製手順が分かります。

 

————※補足です———————————————————

手順書というのは縫い方の順番が書いてある説明書のことで、

仕様書というのが洋服の各所の縫製指示(例:ポケットはシームポケット、裾の始末は三つ折りの細巻き縫いなど)を

記入した指示書のことです。

一般的に、手順書は型紙や手芸本を買うとついて来たりすますよね

仕様書というのは縫製工場さんが一目見てわかりやすいように洋服の仕様をまとめたもので、

アパレルメーカーさんが作成するものなので一般の方は目にする機会はないかもしれませんね

———————————————————–補足終わり~—–

 

補足が長くなっちゃいましたがつまり、絵型ひとつにいろんな情報を盛り込まなくてはならない訳です

学生時代にもイラストの授業があって、けっこう練習しました 懐かしいなぁ

navyが絵型やデザイン画を描くときに使用しているアイテムは製図用の鉛筆と鉛筆削りとカッターです

製図用鉛筆と鉛筆削り

 

ちょうど鉛筆がなくなっていたので先週末にお買いものしてきました

シルバーと赤の小さい鉛筆削りとブルーの鉛筆がSTAEDTLER

赤い白鳥の鉛筆削りがSTABILOのものです

STAEDTLERの鉛筆は学生時代からの愛用品です  なめらかな線が引けますよ

STABILOの鉛筆削りはこんなに小さくてすごく安いくせに(笑)、切れ味抜群!さすがはドイツ!

数年前に宮城県美術館で購入して以来愛用してたのについ先日なくしてしまったので再購入です

奥に写ってるのはホチキスですが、これは完全に衝動買い^m^

DSC_0544

 

可愛いので出しっぱなしで使ってます♪

あ、いかん

文房具の話になるとつい見境がなくなってしまう(-_-;)

明日は所用で実家に行かなくてはならないので、今日のうちに少しでも作業を進めなくては。

もしかしたら、午後からユーストリームで作業風景配信するかも?

まだわからないけど、出来そうなときはツイートします^^

 

 

 


手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました