裂き編み用布玉のストック

小物

image雨だけどあったかい♪

それだけで少々浮かれ気味のnavyですo(^-^)o

 

一昨日、取引先へ進行中のアイテムの打ち合わせにお邪魔したら、なぜか仕事が倍になって帰宅。

 

企業としてご依頼いただいたものと個人的にお願いされたものと入り乱れております(^-^;

わたくしの灰色の脳みそでは処理しきれないので忘れないように一覧に書き出してみて、これで今月のスケジュールがみっちりになってしまったことに気付きました(-.-;)

とっととやらねばー!と思いつつも、昨日は現実逃避してました。

預かってきた布や衣類の置場も無いくらいにモノが増えていたので少しお片付けをば。と、アトリエのクローゼットを整理して、ついでに古いハギレや着れなくなった洋服を裂いて裂き編みようの布玉ストックを作りました。

 

image

やっぱり着古してくったりした衣類の生地は手触りも柔らかくて扱いやすいです。

 

今回はゴツゴツした感じのマット類かバッグを作ろうかと思ってかなり幅広で裂いてあります。

で、試しに昨夜少しだけ編んでみたところ、これが力がいるのなんのって(笑)

 

非力な女性にはオススメしませんよ。

ワタクシはガテン系農家育ちですからね、力だけは自信ありますからね、米袋30キロとか余裕ですからね。

それでも優雅に編物、、、とは行きません(^-^;

生地を引き抜く時に、んあぁぁぁ!!!ぬおぉぉ!!とか叫んでしまいます。

やっぱり女子にはオススメ出来ませんね(笑)

 

今回は2.5センチ幅くらいで裂いてありますが、小物を作る場合や柔らかい仕上がりにしたい場合は1~1.5センチ幅くらいにするといいと思います(^_^)

更に、生地をニットにするともっと柔らかさが出ます。

1枚目画像のコースターはニット生地(外回りだけ布帛)を使用しています。

裂き編みだと厚みも出るし水分も吸ってくれるので、グラス用のコースターにピッタリですよ♪

コースターなら生地もちょっぴりしか使いませんしね(^_-)-☆

 

さてさて、今回の布玉ストックはいつになったら消費できることやら。。。そこが問題だ。

 

 

雨の中、メリーホプキンを聞きながら。

Que Sera Sera/Mary Hopkin

小物
スポンサーリンク
navyplusをフォローする
スポンサーリンク
NavyPlus Dressmaking Diary

コメント

タイトルとURLをコピーしました