煮詰まったらartに触れる

パターン制作日記

image

昨日までとは打ってかわって暖かい朝になりましたね(^^)
今朝は仕事の都合で4時半に起きましたが寒さが和らいできた実感がありました。

ここ最近やたらとモノが壊れたりコーヒーを床一面に撒き散らしてみたりと、破壊続きのnavy宅。
それも夫婦揃って立て続けに何度も(^^;

これは何か大きな事が起こる前に気分を一新しようということになり、塩竈神社でご祈祷してもらってきました。

こういうのって気のもちようなので、神社のピリッとした空気感の中で祝詩を聞いてるうちにマイナスの感情が吹き飛んで体も軽くなってくるものです。

塩竈さんで身軽になり、少し市内散策をしてきたついでに以前から気になっていたギャラリーへ足を伸ばしてみました。

birdo space(ビルドスペース)
宮城県塩竈市港町2ー3ー11

ひじょーに見つけにくいです(笑)
普通の一軒家か会社にしか見えないので。
外観写真撮ってくれば良かった。

それはさておき。
ギャラリーではちょうど東北生活文化大の学生さんの3人展の最終日でした。
本人たちも在廊していたので作品の話を聞いたりして。

まだまだ粗削りな若手の感性に触れるのもたまには良いものですよ(^^)
煮詰まったとき、全く違うジャンルの感性に触れると頭がクリアになります。

その中のひとりの作品をブローチやピアスに加工して販売していたので即購入。

4つブローチを作ってもらって、そのうちの1つをその場でバッグにつけて帰ってきました♪
帰ってきたら、、、ブローチがないではありませんか(T-T)
ブローチピンをボンドでくっつけただけだから、とれちゃったみたい。
悲しすぎる。

やっぱり一晩くらいはおいておかないときちんと乾かないですね。反省。。。

ここのギャラリーでは他にもアーティストたちが手掛けたポストカードやzinのような小冊子やらピンバッジなんかも販売されてます。

小さな小さなギャラリーですが、機会があったらまた行ってみよう。

それから、遊んでばっかりいるように見えちゃうのもアレなので(笑)

今現在進行中のパターンです。
まだトワルに近い段階ですが、形に起こしてみました。

image

image

パーカーベストです。春秋用に厚手の裏毛ニットを想定して作成中。

なぜ袖をつけないのか。それは家の中で着るときに邪魔になるから。

私だけではないはずです。
冬の時期は寒いから長袖の上着を羽織ったというのに、常にうでまくりしてる人。
私だけではないはずだ。
私だけでは。。。

あ、なんだっけ?風水かなんかでは肘から手の先までは出しておいた方が良い運気を吸収できるとか出来ないとか、聞いたことあります。

なんてことをいいわけにしつつ。
家事の時も仕事の時も袖いらん。
でも着ないと寒いよ。
というわけでベストです。

でも袖付きのパーカーのパターンも作ろうかなぁなんて思ってみたり。

そんな感じです。
ニット製品ですから、男性に着せてもそれほど違和感はありません。
我が家では共用品になりそうな予感です(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました