黒留袖からワンピース

オーダーのお仕事

また着物かよ!って言わないで~(> <。)

 

今、リメイクのお仕立てが渋滞ぎみで。。。汗

 

渋滞してるのにも関わらず、軽く迷宮に入ってました。

 

 

今日は黒留袖からワンピースへのリメイクです。

 

 

留袖は柄行きによってはかなりデザインが制限されちゃいます。

 

今回の留袖も柄のボリュームが大きくて、ウエスト付近から柄が入るのでウエストを絞れません。

 

マキシ丈だったら柄がもっと下に来るのでウエストを絞ったデザインにできるのだけど。

 

 

というわけで今回は、ボディは着物のシルエットのまま真っ直ぐのパターンで組み立てました。

 

というか、着物については私よりもお客様の方が熟知しているので、これと似たようなデザインを、お手持ちのリメイク本の中から指定してくださいました。

 

 

これは今回は楽勝かもーーー♪

と思ってトワルを組んでみたら。。。

なんだかスッキリしない。

着心地も今一つ。。。

 

 

なので今回は指定通りのトワルに加えて、全体のシルエットを踏襲しつつ別デザインで組んだトワルの2着から選んで頂きました。

 

 

 

袖ぐりはゆったりと。でも野暮ったくなく。

 

それでいて素材の柔らかさが美しい皺を作ってくれる。

素材ありきです。

 

このように脇で柄が続いているのを保つためには、フレアーも入れられないんです。

もちろん、デザインによりけり柄によりけりですよ。

 

 

 

袖口。

なんか柔らかさがほしかったので、スリットの縫い返しはノーアイロンで、星止めで仕上げております。

 

 

こちらはバスト付近の切り替え。

共布でパイピングを挟んで、こちらも星止めを施してあります。

 

 

ステッチで押さえるのは何か違うし、アイロンで潰すのも何か違うんだよなぁ、、、と考えた結果です。

時代に逆行してるなーとは思うけど、着物地はやっぱりミシンよりも手縫いの方がしっくり来ます。

 

何となく、着物の裾ふきのような雰囲気になりました。

裾ふきというのは、着物の裾の裏地がちょっぴりはみ出してるアレです。

 

ミシンで全て縫ってしまってもそれはそれなのですが、着物地は手仕事の柔らかさが残っていた方が素材の良さが生かせるような気がします。

 

 

これでお待たせ案件ひとつ完了!

そして次もまた着物リメイク(笑)

と、その前に。

 

こちらもちょっと待たせてしまってる別案件のサンプル製作に取りかかります。

 

簡単スカート4着。

超簡単なんだけど、縫製工程とパターンの組み立てを考えながら縫うのでたぶんまた時間かかるんだよなぁ。。。

 

これじゃだめなんだけど。

それでは今日も良い1日を♪

 

 

 

 

今日もせっせと縫います(๑•̀ㅂ•́)و✧

ポチっと応援よろしくお願い致します♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました