デニムジャケット

毎日暑くてやる気が起きません
今日は過去の作品をいくつかこのブログにUPしようと思っています。
とは言っても、震災前まで私がやっていた別のブログに載せていた画像なんですけど
オーダーやらネットオークションやらで結構いろんなものを作っていたので、その中から何点かピックアップして転載します。
やっぱりハンドメイド系のブログは画像がなくっちゃつまらない。
でもまだ新作ないので
このジャケットはお客様からのオーダー品でした。
ウオッシュのかかったストレッチデニムで、着心地の良い1着になりました


ソーイング日記を開設しました

ふと思い立って本日ブログを開設しました。
navyyy(ネイビー)と申します。
このブログは、私Navyyyがハンドメイドのためのパターンのネットショップを開くまでの悲喜こもごもを記録に残そうと思って開設したのですが、せっかくなのでハンドメイドに関するヒントやアイデアなども載せていこうと思っています。
というと聞こえはいいのですが。。。
実は、ここ数日パターンに添える縫製手順書の雛形を作成していたのだけど、事前準備の項目をできるだけわかりやすいように詳しく書こうとしたらページ数がものすごいことになってしまい、すべてのパターンに添付出来るような文字数じゃなくなってしまったのです。
本来ならネットショップに載せるべき内容なのでしょうが、まだショップは準備を始めたばかりでいつになることやらなので、それならブログに載せてしまえ!と思ったのが今朝。
後先考えずに始めてしまいました(笑)
今のところ決まっているのはお店の名前だけ。
「navy plus」(ネイビープラス)と名付けました。
一番好きな色Navyを入れた名前にしたかったのです。
そして、差し色という意味合いでplusをくっつけました。
あまり気負わず、ゆるゆると更新していこうと思います。
ここからは私Navyの自己紹介です。
小学生のころはso-enを眺めつつ「どうして自分で型紙が引けないんだろう?」と考えてるような子供でした。
中学生のころの夏休みの自由課題は決まってキャミソールなどのハンドメイドを作り、高校の家庭科の授業は、課題では物足りなくて勝手にセーラーカラーのアランニットカーディガンを編んだりしていました。
現国や英語の授業中に教科書の陰で編み物してたり。
今考えると、先生にしてみればさぞ教えにくい奴だったことでしょう(笑)
今更ながらごめんなさい。。。
手芸や洋裁が好きというよりは、手を動かして物を作ることが大好きでした。今でもそれは全く変わっていません。
そんななので、家庭科と美術はいつでも5でした!(それ以外の教科は聞かないで。。。)
高校を卒業した後は文化服装学院を卒業して地元の系列校で教鞭をとり、その後一時洋裁の世界から離れましたがやっぱり舞い戻って来て洋裁教室を主宰していました。
洋裁の世界でも、洋裁から離れていた時も、ずっと人にものを教えるという職業でした。
知人からはよく天職だねと言われますが自分でもそう思います。
「あぁ!わかった!」と行ってもらえた時の笑顔がうれしくて仕方ないというか。
その後、洋裁教室は東日本大震災をきっかけに閉鎖してしまいましたが。
私の自宅は宮城県の県北で、震災時の震度は7。
経験したことのない揺れでした。
内陸部だったので津波の被害はありませんでしたが地震の被害は少なくありませんでした。
自宅のある地区に給水車が初めて来たのは地震発生から3週間後でした。
当時のリアルサバイバル生活は忘れようにも忘れられませんが、その話はまた追々。
震災後はすぐに小さなアパレルメーカーさんと外注契約をして、フルオーダーの縫製やパターン全般の仕事をやらせてもらっています。
今年に入ってアパレルCADを購入したのをきっかけにして、自分でパターンショップをやってみようかと思い立ち、少しずつ準備を始めたところです。
質問でも要望でもお叱りでも励ましのお言葉でも、なんでもいただけたらとっても嬉しいです♪
よろしくお願いします。
あぁ。長くなってしまった。。。
今日のところはこの辺で。。。