『職人が教えたくない「見るべきところ」』…確かに見られたくないかも(笑)

今年は寒いね。

なんだろね。

おみくじにゃんずも凍えてますわよ。

 

さて。ここしばらくは生地探しとインプット作業ばかりでなんにも生み出していないのですが。

一時滞っておりましたmamettoの更新を再開します。

リニューアルの予定もあったりなんだりかんだり。

そのあたりのことは「職人のつぶやき」にちらっと書いたので、公開されたらまたお知らせしますね。

今年は更新速度を加速しますよー!

 

それとはまた別に、縫製のマッチングサイトnutteにオフィシャルブログがあるのですが、そちらに面白い記事が掲載されていました

 

職人が教えたくない「見るべきところ」。縫製の上手い下…

 

これはヌッテにお仕事を依頼する方の為に、職人さんを選ぶ際のアドバイスとして書かれた記事なのですが、職人としても読んでいてふむふむとためになります。

ヌッテが職人に実施している縫製テスト。

全員一律に同じものを縫って提出します。

私もこのテスト受けました。

 

このブログ記事を読んでみてふと思うところがあったのですが、その件についてはmamettoのつぶやきに書いてみようかと思います。

 


ここからは雑談。

冒頭のおみくじ画像は今年のお正月に宮城県栗原市の某神社で撮影したもの。

なにかとお騒がせ芸人の狩野英孝氏の実家です。

彼には全く興味はないのですが、実家の神社は宮城県内でも有数の歴史の古いお社なのですよ。

だから何度かお参りに行ってるんだけど。。。

境内には何人かお客さんがウロウロしてたんだけど、私たちが参拝してから御朱印もらって帰るまでの間、拝殿の鈴が鳴らされることはほぼありませんでした。

観光なのはわかるけど、せっかく由緒ある神社に来たんだからお参りくらいしようよ(;^ω^)

そしてね。

山神社(櫻田山神社)の今の宮司は別の神社の宮司さんが兼務してます。

そちらにも参拝した折に、ふとしたご縁で宮司さんのお宅へ上がらせて頂いたんです。

※車を降りたらものすごい雪が降ってきて、頭にこんもり雪を積もらせてお参りしていた私たちアホ夫婦を見かねて招いてくださったのよ

その時にお話しを伺って驚きました。

山神社の連絡先に記されている電話番号はこちらの宮司さんのご自宅の番号なんだそうです。

夜となく昼となく四六時中電話がかかってくるそうです。

記載されている番号に電話しても狩野英孝は出ませんよ!

田舎の神社では社務所兼自宅というスタイルが珍しくありません。

ご迷惑にならないようにしないとね。

そもそも。

とっぷりと日が暮れてから「参拝したから御朱印ください」って。。。

ご迷惑なうえに怖くないんだろか。。。

夜のお墓は怖くないけど夜の神社はめっっっっちゃ怖いよ(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

っていうかさ、っていうかさ!

フラフラしてないで早うお父ちゃんの跡継げ!これ以上人に迷惑かけんなコラァ!!!٩(๑òωó๑)۶

 

ふぅ。

雑談の方が長くなっちゃったじゃないか。

さて、お仕事に戻りましょかね。