梅雨半ばのさんぽみち

こんばんは(^_^)

もう7月ですか。。。

時節はもう第三十候、半夏生。

「はんげしょうず」と言うそうです。

半夏(烏柄杓)が生える時期という意味だそうです。
半夏生の習わしとしてその昔、関西では蛸を食べる習慣があったそうです。

時期的に体力が低下してくる頃でもありますね。

夏バテには蛸とイカ!と母が言っていたのを思い出します。
あ、そういえば。

本日は実家の母がお泊まりでお出掛けのため、にゃんず&わんずのお世話係として実家にお泊まり中なので、このblogも実家からお送りしております(^^)

久しぶりに会ったご老体のダックスは、すっかり足腰も弱ってオムツ生活になってました(;_;)

完全に介護老人でゴザイマス。

それでも本人はまだまだ元気で缶詰もりもり食べてます♪

それはさておき、昨日の休日は紫陽花とラベンダーを求めてプチ遠出してきました。
紫陽花は岩手県のみちのくあじさい園へ。

山ひとつまるごと!300種30000株の紫陽花が咲き誇る東北一の紫陽花スポットです(^^)
もう見たことない品種の紫陽花ばかりで右往左往とはまさにこの事(笑)

↑の画像の紫陽花、まあるい花弁でくるんとカールしたような花姿が可愛らしくて一番のお気に入りです♪
これは江戸時代からある古い品種でウズアジサイというそうです。

こんな可愛らしい品種が古くからあるなんて♪
それにしてもお出掛けする度に、世の中は私の知らないことで溢れてるという想いが溢れてきます。

本当に、知らないことだらけ。

知る喜びにもまた出会えることに感謝する今日この頃でゴザイマス。

美しいものを知る、楽しい事を知る、感動に出会う。

その全てを吸収したいと思えるような年齢になってきました。

歳をとったのかな(^^;

このblogを見てくださってるごく少数派のあなたへ。
人も動物も否応なく歳をとっていきます。

ですが年齢に抗っては(あらがっては)いけません。

歳を重ねれば重ねただけ、物事を感じとる力は倍増しに強くなっていきます。

最近特にそう感じます。

同じ紫陽花を見ても、二十歳の自分と四十路の自分とでは明らかに感じ方が違うのです。

どう違うのかって?

深いのですよ。

これはもう、お若い方には早く年齢を重ねてもらう他には伝えようもない事なのだけれども。
どれだけ歳を重ねても、物事を感じ取れる心を持ってさえいれば老け込む事はないんじゃないかとさえ思います。
年齢を重ねれば重ねただけ、心のセンサーは敏感になっていきます。

同じ出来事、同じ場所に遭遇しても感じ方はやっぱり変化していきます。

その変化が良いものかどうかはやっぱりそれまでの過ごし方ににもよるのだろうと。
経験則というのかな。
何言ってるのかわからなくなってきたのでここいらでやめときましょう(^^;
調子にのって飲みすぎて、今後悔しているのはナイショです(笑)
それではみなさんおやすみなさい🎵

久々に。着物リメイクのセットアップとかサンプル縫製とか

DSC_0695

こんにちは(^^)/

すっかり放置していた間にいつの間にか東北も梅雨入りしてしまいました(汗

というか沖縄はすでに梅雨明け!もう夏が来るんですねぇ。

 

 

さてさて。

ブログを放置していた間、いろいろ制作していたのですが、久しぶりに着物リメイクのオーダーをいただきました。

中振袖からワンピースとジャケットのセットアップを制作。

 

IMG_20160606_111951

 

 

 

今回は初めてオーダーくださったお客様でしたので、なかなか空気をつかめずに完成品のフィッティング後にシルエット微調整と袖口を別デザインに修正しました。

袖口は本あきからスラッシュ入りのカフス仕様に変更しています。

 

DSC_0694

 

DSC_0695

 

 

一度トワルでフィッティングをして補正してありますが、お仕立てで本来やるべき仮縫いはしていません。これはケースバイケースですがだいたいいつもそうなります。

 

なぜかというと、何度もフィッティングをするとそれだけ時間とお金がかかるから。

やらなくて済むなら、それは無駄な時間とお金だから。

でもフィッティングの回数が少なければ、お客様の希望通りに仕上がらないということももちろんあります。

 

そこで大切になってくるのが「見る目」なんだと思うのです。

最初の打ちあわせ時には採寸やどんなデザインにするのかはもちろんのこと、その方の体形や姿勢、しぐさ、シルエットの好み、どんなシチュエーションで着るのか、果てはお仕事内容まで。

例えば、結婚式のお呼ばれで着るのならシルエット重視とか、デスク仕事をされる方でしたらウエストは苦しくないようなサイズ感にするとか。

太らないように気を付けている方にはあまりゆったりしすぎずぎりぎりのゆとり感をすすめてみたり。

 

デザインやサイズには着る人ひとりひとりのライフスタイルが大きく関係してくるなぁと、最近特に感じます。

こういうデータを、雑談の中から拾っていくのがとても大切なんですね。

そして難しいのが、見極めなのです。しっかりと見極めるとこができれば、仮縫いしなくてもだいたいビシッとおさまると、勝手に思ってます(^^;

 

今回ご依頼くださったお客様は、私のところでお仕立てするのは初めてでしたがこれまで他のお店で何度も洋服を仕立てられているとても慣れた方でしたので大変スムーズに進みました。

ちゃんと、中振袖だったらノースリーブのワンピースとジャケットが作れるということをご存じでした。これってすごいことなんですよ。

 

この後も、着物リメイクのお仕立てが何着か続きます。

 

 

それとは別に、先月は急ぎのサンプル縫製のお仕事もしていました。

某百貨店のプライベートブランドの秋冬物です。

デザイナーさんは外国の女性建築家の方。

パターンは国内の会社が請け負っているようで、日本語のパターンで安心しましたが、これがほんとに大変でした(-_-;)

 

分厚いメルトンのようなモッサのような生地で襟先のすごーーーーく細いスタンドカラーのコートとか、アイロン掛けた瞬間からきゅーきゅーと縮んでいくストレッチ生地でキルティングしたドローストリングジャケットとか(笑)

アトリエで一人、生地とパターンを広げて「うそーん。。。」とつぶやいてました。

 

残念ながら画像は載せられないのですがコートは結局どんなに頑張って手作業を駆使してもこなしきれませんでした。無理やり縫ったけど。

たぶん、デザインか生地を変更することになるんだと思うけど。。。でもどうだろう。。。

これ、どこの会社で量産するのかな~。やってくれるとこあるのかな~なんて考えながら縫っていました。

 

こういうサンプル縫製なんかはオーダーとはまた違っていろいろと勉強になります。

自分では絶対に手を出さないデザインとか縫製とかありますからね。

 

おかげさまで、5月の連休明けからは怒涛のように忙しくしておりましたが、今月もまた仕上げるものがいくつかあります。

看板も出してない宣伝もしてないのに、仕事を頼んでくださる方がいらっしゃる。本当にありがたいことです。

一つの作品が出来上がるごとに感謝が積みあがっていく感じ。

 

そして、パターン販売のほうも忘れているわけではありません。

とはいっても、なかなか手が回らない状況ではあります(汗

パターン制作にも時間はかかるのですが、それよりも何よりも、ソーイングテキストの制作にものすごく時間がかかりすぎるのでちょっと思案中です。

これではいつまでたってもテキスト完成しません。

なので簡単な縫製行程だけを記載したテキストを作って、詳細な作り方は動画で準備しようかと計画中です。

そのほうが圧倒的に早いのです(笑)

それと、最初は自分のサイトを作らずにminneかどこかのショッピングサイトを利用するかもしれません。

これもまた時間的な都合です。

どうなることやらな感じではあるのですが、やれることからやっていきますよー!

 

さて。今日も頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

どうしたら選ばれるお店になるのかという話

_20160509_163447

_20160509_163447

あ、いかにもなタイトルですがマーケティング論でもセミナーのお誘いでもなんでもありません。すみません(^^;

 

ラーメン屋さんで気付かされたというお話です。

 

navyのオットは部類のラーメン大好き小池さんなので休日のお出掛けとなればお昼はラーメンが定番なのですが、仙台にお気に入りのラーメン屋さんがあるのです。

 

もちろんラーメンは美味しいのですが、ごくごく普通のチェーン展開しているお店です。

 

そこのスタッフさんの接客は明るくてハキハキとして笑顔が素敵で。

と、文字で書くとサービス業なんだから当たり前の事ばかりなんだけど、全然違う。

 

ラーメン屋さんや居酒屋さんで明るくハキハキというと、元気良く声を張り上げる接客が普通だと思うのだけれどもそれとも違う。

明るくて元気もいいのに、柔らかいのです。

言わされている感が全く無いのです。

 

つまりどういう事かというと、楽しそうに仕事をしているのです。

 

若いスタッフさんたちはおそらくアルバイトかパートさんなのだろうけれど、どの子もみんな笑顔が爽やかで、こちらが嬉しくなってしまう。

 

 

昨日もそのお店に行ったのですが、注文した餃子をお店の人が1個落としてしまうというハプニングがありました。

その時の対応も誠実で丁寧で、こういう時にお店の質が出るんだよなぁなんて、ぼんやりと考えながらラーメンをすすってました。

 

ラーメンのスープをごくごく飲みながら(笑)、質の良い接客・サービス業ってなんだろう?と、改めて考えてみたのです。

 

業種による違いはもちろんあるとは思うのですが、これだけは共通しているような気がします。

『仕事を楽しいと感じられる心を持っていますか?』

 

もちろん、誰もが好きな事を仕事に出来る訳ではありません。

ほとんどの人はやりたいことではなく、出来ることを仕事にしたりアルバイトをしたりしているのです。

前述したお店のスタッフさん達も、正直いってラーメン屋さんのホール係が天職だ!などとは思っていないでしょう。

それでも少なくとも、お客さんと接することで得られる喜びを知っているような気がします。

 

お客様が喜んでくれるにはどうしようかと考えながら仕事をする。そうしたら笑顔とご馳走さま、ありがとう、また来るねという答えが帰ってきた。

私も接客経験がありますが、これってやっぱり働く側からすると嬉しい事だと思うのです。

そしてまた次もがんばろうと思う。

 

そういう気持ちは表情にも態度にも出ます。必ず出ます。

そうすると、その後に来店したお客さんにも自然と柔らかい接客になる。

 

良く「気分のいい接客」という言い方をする人がいるけれど、私はあまり好きな表現じゃない。なんか、心のどこかに上からの目線が含まれている感じがして。

「気持ちのいい接客」と言うほうがしっくりくるかな。

お客様は神様ではないのですよね。

 

そういった小さなプラスの連鎖が積み重なると、今度はお客さんにも小さな化学変化が起きてきてお互いに気持ち良くお店で過ごすことが出来るようになってくる。

こうして素敵なお店が出来上がっていくのだと感じた休日でした。

 

 

つい最近、これとは全く逆の経験もしましたが、そちらは自身でお店をやられている方の話です。

この方、何やらセミナーのようなものにも通っているようなのですが、その時間もお金も全部どぶに捨てるような行為をしているのに全く気付いていないという(^^;

 

話が長くなりそうなのでこちらの話はまた今度。

 

 

あ、皆さんは大型連休を有意義に過ごされましたでしょうか?

わたくしはちょいと群馬まで弾丸ツアーにいって参りました。

そして連休明け、たまっているオーダーの仕事を進めています。

それが終わったら、少し手のかかるお仕事のお話もいただいているので夏くらいまでは気が抜けません。

パターンショップは果たして間に合うのかどうか(^^;

 

でも夏までにはオープンさせると決めたので、何とか折り合いをつけながら粛々と進めて行こうと思ってます。

ゆるゆると頑張りましょう^_^;

 

ちなみに。

どこのお店かというと、仙台市の六丁の目にあるフレスポ六丁の目南店敷地内、魁力屋さんです。

本店は確か京都のお店なので、味が濃いめです。好みは別れるかと思います。

お近くの方、ぜひ一度足を運んでみてください(^^)

 

ラーメン魁力屋六丁の目店

 

 

 

 

 

 

4月27日 JAC’svillageグランドオープンです

DSCF2089

おはようございます(^^)

当ブログへお越しいただきありがとうございます。

「10年たっても好きな服」をコンセプトに、パターンや洋服のオーダーを請け負うnavy plus(ネイビープラス)と申します。

宮城県石巻市に在住しています。

 

 

なんて。

何故にいきなり自己紹介??と思われた方もいらっしゃるかしらん(笑)

 

このブログ、大変な過疎ブログなのですが、ありがたいことにジャックビレッジで検索して訪問される方がけっこういらっしゃるんです。

ほんとにありがたい。

そういう方はほぼ初めてこのブログを見てくださっているので、「ところでお前誰だよ!?」ってなことになっているかもと。

 

という訳で、わたくしnavyはビレッジの店員さんたちの制服を諸々製作させてもらってます♪ヽ(´▽`)/

 

という経緯で昨日、グランドオープンに向けて最終の納品に行って来ました。

 

DSCF2089

 

 

 

 

 

 

DSCF2082

 

 

 

 

 

 

DSCF2086

 

 

 

 

 

 

DSCF2085

 

 

 

 

 

 

DSCF2084

 

 

 

 

 

 

DSCF2083

 

 

 

 

 

 

 

 

いつ見ても素敵な外観です♪

二枚目の画像が新しく建てられたショップ棟。

ショップ棟ではアウトドアグッズ、ガーデニンググッズ、雑貨類、薪ストーブ等の販売に加えてカフェが併設されます。

 

写真撮ってきませんでしたが、2回のバルコニーからは奥羽山脈が見渡せて眺めも素晴らしいです(^^)

 

もちろん、お店のなかも素敵ですよ♪

DSCF2078

 

 

DSCF2075

 

DSCF2077

 

DSCF2076

 

DSCF2073

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑2階の雑貨販売のブース

アンティークの家具に商品がディスプレイされています。

 

 

DSCF2072

 

 

 

 

 

 

↑こちらは同じく2階のカフェスペース

カウンターが素敵♪

けっこう広いです。

 

 

DSCF2065

 

 

DSCF2067

 

 

 

DSCF2068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑1階にあるストーブや雑貨を販売するブース

憧れの薪ストーブ( *´艸`)

めちゃめちゃ欲しい!(笑)

最近、薪ストーブを導入して新築するお宅が増えているような感じがします。

直営店には入りにくくても、ここなら気楽にお話しを聞けると思います。

それから北欧ファブリックを使った雑貨類も素敵なものがズラリと並んでました。

 

 

DSCF2061

 

DSCF2060

 

 

DSCF2059

 

 

DSCF2056

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2055

 

 

 

 

 

 

↑1階のアウトドアグッズやガーデニンググッズのブース

かわいらしいインテリアグリーンなども入荷していました。

 

 

昨日お邪魔したときは建物も庭も最後の仕上げ段階で、本当に多くの社員さん達が忙しく作業していましたのでできるだけ邪魔にならないように急いで写真を撮らせてもらってきました。

なのでビレッジの全体像がつかみにくい画像ばっかりですみません(;^_^A

今日のオープンには素敵な村に仕上がっていることと思います。

 

 

 

そして。

ある意味ではここからが本当にお伝えしたいこと。

そしてこの施設の本当にすごいところ。

 

この蔵王のふもとにあるJAC`s villageというのは敷地内にあるショップ棟やレストラン、コンテナキッチンなどのリサイクルパーク施設を総称した名称です。

このVillageのなにがすごいかというと。

Villageを運営する会社はリサイクル事業に大変力を入れていて、各家庭や事業所などから出たゴミを回収しそれらを新しい商品へと生まれ変わらせるだけではなく、工場から排出された熱エネルギーまでをも回収して無農薬野菜のハウス栽培を行っています。

そしてその栽培された野菜を使用してビレッジ内のレストランやコンテナキッチン

にお料理が提供されるという仕組みです。

 

現在はキノコ類がメインですが、これから野菜など広く手掛けていくそうです。

キノコはビレッジ内のコンテナキッチンで購入もできます。

先日食べてみたんですが、本当においしいですよ♪

ちょっと小耳にはさんだ情報によりますれば、夏前には産直野菜のマルシェも開催されるようです。

 

そして再利用されるのはもちろん熱エネルギーだけではありません。

施設内の至る所に様々なリユース、リサイクル素材が使用されています。

 

限りある資源をどのように再生させ循環させるかということをテーマにして作られたリサイクルパーク  ”JAC`s Village”という美しい村にたくさんの方が集い育っていくことを願っています。

 

JAC`s Villageの運営企業である株式会社JACでは、ご家庭から出るリサイクルごみの回収も行っています。工場内に持ち込めばポイント制で有価買取もしていただけるそうです。

詳細は下記リンクをたどってJACのホームページにてご確認ください。

ホームページではリサイクルのことはもちろん、Villageについての詳細も見ることができます。

 

場所データ↓


株式会社JAC(蔵王資源リサイクル工場/蔵王事務センター)

※JAC`s Villageは蔵王資源リサイクル工場の敷地内にあります。

〒989-0841

宮城県刈田郡蔵王町大字小村崎字山崎14-1

TEL 0224-33-4773/FAX 0224-33-4771


 

最後に。

同じ環境のことを考えるにしても、考え方は様々取り組み方も様々です。

私もこのVillageとお取引させていただくようになってから改めてリサイクルごみの分別をしていますが(石巻ではほとんどが燃えるゴミとして処分)、資源としてリサイクルできるゴミを分別すると、びっっっくりするほど燃えるゴミが減ります(笑)

こんな小さなことから始めてみるのも良いかもね♪

 

長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます。

連休に、ぜひ美しい村までお出かけください(^^♪

 

 

明けない夜なんか無い。がんばれ。がんばれ九州。

すっかり更新サボってしまいました。

まず、熊本地方の大地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

ここ10日ほどは納期に追われていたのもあり、地震のニュースを横目にチラチラと見ながら作業の毎日でした。

日に日に大きくなっていく被害の状況を見るにつけ、自分にも何か出来ないかなどと考えつつ東日本大震災当時の事を思い出しています。

まずネットやテレビでの情報を見る限り、今の時点で私たち部外者に出来る事はほとんど無いのだと思います。
本当に物資の足りないところには、警察消防や自衛隊しか行けないのであろうと。

片付けのボランティアは余震が収まらない間は必要ないし、今の時点で圧倒的に不足しているのは大量の物資の仕分けと配布にかかるマンパワーのようです。
しかしそれすらもボランティアが勝手に行って勝手にいじっていいものでもなく、行政がボランティアを統括しなくてはならないはずなのですが、うまく機能していないみたいですね。

5年前、あれだけ甚大な被害をもたらした東日本大震災を日本国中が目の当たりにしていたのだから、行政は災害への備えを万全にしているのだろうと思っていました。

また逆に、5年前の記憶も新しい日本中の皆さんからの支援が一気に押し寄せた為に行政が一層混乱するというのも皮肉な事です。

誤解を恐れずに書きますが。
まず、お年寄りや幼児は別として、健康な大人は3日や4日ご飯を食べなくても死にません。
この時期の九州でしたら凍死の心配もありません。

大変だからかわいそうだからと、個人で物資を持ち込んだりするのはやっぱり今の時点では正しい選択とは言えない気がします。

今回の地震は大きな揺れが何度も何度も襲ってきていますが、倒壊家屋や被災者数など、範囲や数字のうえから見ても東日本大震災当時の数十分の1の規模ではないかと思います。
そこにボランティアや物資が一気に集中すればやっぱり混乱しますよね。

そうなるともうせっかくの好意が「自己満足だ迷惑だ」ということになりかねない。

粉ミルクや水など急を要するものは別として、非常事態ですから被災者の方々にももうちょっとだけ頑張って耐えてもらう。
必ず支援の手は差しのべられますから。

現地に必要なものは、被災の度合いでも違うし日によって刻々と変化していきます。
何か送る方、現地ボランティアに行く方は日々情報をチェックして、本当に必要なものやタイミングを見計らうと良いのかなと思います。

東日本大震災当時、私はどうしていたかといいますと。
当時まだ内陸部で実家暮らしをしていました。
津波こそ来ませんでしたが、500リットルのタンク満杯のエコキュートが吹っ飛ぶくらい揺れました。
家の外壁もザクザク
庭のアスファルトは地割れ
当然、ライフラインは止まってますしガソリンも無い。

で、どうしたかと言うと。
畑を掘って室を作って簡易冷蔵庫にし、庭を掘り起こして竈を作り、手近な木を集めて薪を割り、、、完全にリアルサバイバル生活をしてました(^^;

深く土を掘れば、やんわり冷蔵くらいは出来ます。

水は地震の後すぐに溜められるだけ汲み置きし、買い物は数キロ離れたコンビニまで歩いて行く。
リュックの紐は両肩に食い込んで家につく頃には血が滲んでました。

それでも。悲壮感は全くありませんでしたよ。
要は気の持ちようかなと思います。
「何とか生きなくては」この気持ちがあれば大抵の事は何とかなるもんです。

まぁ、あれだ。わたくしのリアルサバイバル生活は1ミリも参考にはなりませんが(笑)

それでも、自分達のおかれた環境下でなんとか工夫して頑張ってほしいと願っています。

それから。
震災の後半年間くらいは、本当に良く人が無くなりました。
両親が手分けしてあちこちの葬儀に出席していたのを良く覚えています。

こういうのってニュースに出てこないんですよね。

内陸部は多くの建物が倒壊しましたが津波が来なかったので、周囲の人間は誰一人自分達が被災者だとは考えていませんでした。
特に我慢強い方々は体調がすぐれなくてもじっと耐えていたのもあるのでしょう。
震災の騒ぎも一段落ついたあたりから、高齢の方々がバタバタとお亡くなりになっていくのを見るとなんともいたたまれない気持ちになったものです。
今回もまたお子さんや高齢の方々には大変厳しい状況ですが、本当に気持ちの持ちようひとつで心と体への影響はずいぶん変わります。

なんとかなるさと、気持ちを軽く持ち乗り越えて欲しいと切に願います。

大規模災害では復旧、復興が本当に長期に渡ります。
そりゃもうストレスも溜まります。
でもそれでも。日がたつにつれ希望は必ず見えてきます。

今現在、現地で目の当たりにしているかたならお分かりだと思いますが、勇敢な自衛官や警察、消防の方々の活動は被災地に勇気と希望を届けてくれます。

一人一人に出来る事は微々たるものでもその力が集まれば絶大なものになるというのは、5年前、あるいは過去の激甚災害時に日本国中が経験しています。

私は私に出来る最良の方法を模索しよう。
今回は東北が恩返しをする番なのですから。

共に頑張ろう九州!

やっぱり手縫いの時間がいい

DSC_0101

DSC_0101

おはようございます。3月も駆け足で逃げて行きました。

焦りを隠せないnavyでございます。

 

昨日のワンピース解体と並行して、ジャケットのトワルを作成していました。

 

お直しの時の解体作業もそうですが、トワルを作成するときは粗ミシンで縫い合わせてから裾や袖口、端の始末はしつけ糸でとめていくので手作業が多くなります。

 

洋裁をやる方は裾を手縫いでまつったりボタンホールを手かがりしたりする作業がキライという方も多いですね。

ですが私はこの手縫いでちまちまチクチクしている時間がこの上なく好きなのです(^_^)

 

時間のかかる手作業の時はゆっくりと次回作の原案を考えたり進行中のアイテムを頭の中で整理したり今夜のおかずを考えたり(笑)

 

 

DSC_0110

それはさておき。

昨日分解していたワンピースは無事にスカートに変身しました。

ですがまだ完成していません。

スカート丈が短いのです。

オーダー主さんは短いスカートをはかれる方ではないので、せめてもうちょっと。。。

 

 

というわけで、もともとイレギュラーだったヘムを生かして裾に端切れをあちこちくっつけてみました。

 

DSC_0111

まだしつけで仮止め状態です。

今回はスカート丈についての打ち合わせをせずにお預かりしているので、これで良いか了解をもらってからミシンをかけましょう。

 

 

 

 

 

さて。ワンピース改造もジャケットのトワルもここでいったん中断。

つぎ次!次はコレ↓(^^♪

DSC_0114

 

水玉のブルーのリネン

あぁぁなんて可愛いんでしょう♪

こちらはサンプル商品でゴザイマス。

素敵に仕上がるかしらん~♪